ふじねこ雑記帳 in ドイツ

日々の生活、時々ドイツ語

魚を食べる

ドイツでは海が少ないためか、あまり魚を食べる習慣が無いようです。

市場や、ガレリアのような高級デパートに行けば、珍しい魚介類(鯉やアンコウ、生蛸🐙とか)も、(お金を出せば)手に入りますが、そんなしょっちゅう買えません!

 

で、我が家でよく食べるのは(比較的)安いサーモンやタラになります。それでも鶏肉や豚肉に比べたら高級食材。。。

中でもお気に入り、というか夕食の定番になっているのが鯖。青魚、オメガ3、大事です!

安くて美味しいので、夕食作りサボりたいなあ、と思う時によく買います。

 

と、いうのは、この鯖、燻製になっているのでレンジでチンするだけでメインディッシュになるんです。

燻製ってしょっぱいイメージだけど、スーパーのカウンターで買うと、そんなにしょっぱくなく、文化干しのように食べられます。

これに簡単な副菜と汁物で、「サバ文化干し定食」になります。

しかも安い!

f:id:notizbuecher:20190111014021j:image

市街地に多いスーパー(ちょっと高め)、REWEでも1kg9.9€。今日の鯖は特別大きくて506gだったけど、普通は300g前後なので、3€ぐらいで買えます。

生サーモンなら、その倍以上になるので、かなりお得です!

 

絵的に美しくないですが、中身はこんな感じ。

f:id:notizbuecher:20190111014653j:image

 

私は、頭と尻尾を切って、半身を一人前として食べてます。

f:id:notizbuecher:20190111014804j:image

 

ドイツは、ハム、チーズ、パン、肉は美味しいですが、あまり続くと飽きるし、栄養も偏ります。

何より日本人なので、たまには魚🐟も食べたい!

そんな時には鯖をどーぞ。

 

ちなみに鯖は、ドイツ語でMakrele (die, -n)。

半身状態で燻製されたもの(Filet)もありますが、塩分が多いので、私は1匹丸ごと、”Eine ganze Makrele, bitte.”と言って買ってます。