ふじねこ雑記帳 in ドイツ

日々の生活、時々ドイツ語

【バルセロナ旅行 2】世界遺産を巡る

バルセロナ2日目。

世界遺産の建築物をメインに、バルセロナを歩きました。

 

朝食ビュッフェ。

朝から生ハムとCavaが置いてありました~

f:id:notizbuecher:20190211014323j:image

 

 

カタルーニャ音楽堂から王の広場へ

まずはカタルーニャ音楽堂

前の道路が狭すぎて、全景を撮るのは難しい。
f:id:notizbuecher:20190211014110j:image

 

実際に使われている音楽堂なので、見学は朝の限られた時間のみです。

私達は、8時45分集合のセルフガイドを予約しました。入場料15€。

 

2階席より。

モザイクとステンドグラスが素敵。
f:id:notizbuecher:20190211014931j:image

 

天井のステンドグラスは立体的になっています。
f:id:notizbuecher:20190211002238j:image

 

両サイドの天井には有名な音楽家の名前が書かれています。

f:id:notizbuecher:20190213163009p:plain

音楽堂前のオブジェ。

鳥のフンが残念。。。
f:id:notizbuecher:20190211003950j:image

 

実はペッチャンコ。
f:id:notizbuecher:20190211001900j:image

 

王の広場(Placa del Rai)へ。

コロンブスも歩いたと言われる階段。
f:id:notizbuecher:20190211014532j:image

 

街並みが古くてステキです。
f:id:notizbuecher:20190211014958j:image

 

サン・パウ病院とランチタイム

サン・パウ病院とサグラダファミリアは、直線道路で繋がっています。

道路の名前は、もちろんガウディ通り(Av. de Gaudí)。
f:id:notizbuecher:20190211003135j:image

 

サン・パウ病院。

2009年まで、実際に病院として使われていたそうです。

入場料は14€。比較的空いていたので、チケット予約なしで入れました。
f:id:notizbuecher:20190211015006j:image

 

病院らしい展示物。
f:id:notizbuecher:20190211014048j:image

 

明るい雰囲気の病室が再現されています。
f:id:notizbuecher:20190211014031j:image

 

中庭も暖かくて明るい。
f:id:notizbuecher:20190211014328j:image


f:id:notizbuecher:20190211014938j:image

 

この後サグラダファミリアに向かいます。
f:id:notizbuecher:20190211001836j:image

 

その前にランチタイム。

The Pharaoh、どうやらアイリッシュパブらしいです。

f:id:notizbuecher:20190213163644p:plain


不思議な雰囲気のレストラン。

オーナーはエジプト好き?
f:id:notizbuecher:20190211014942j:image

 

毎食飲んでます、Cava。
f:id:notizbuecher:20190211004001j:image

 

マッシュルームのタパス。
f:id:notizbuecher:20190211010756j:image

 

フェタチーズとトマト、オリーブ。

しょっぱくなくていい感じです。
f:id:notizbuecher:20190211014947j:image

 

ミックスパエリア。15.5€。

魚介と鶏の旨味が凝縮! たまらない(^O^)
f:id:notizbuecher:20190211014317j:image

 

サグラダファミリア

そしてサグラダファミリア

2つの塔、どちらかに上ることができて、オーディオガイド付きのチケット32€。高い!

入場時間に制限があるので、遅刻厳禁です!
f:id:notizbuecher:20190211014858j:image

 

近くで見ると、相当細かい彫刻。
f:id:notizbuecher:20190211014341j:image

 

ステンドグラスは、場所によって違う色味が使われています。
f:id:notizbuecher:20190211002244j:image

 

2つの門には、エレベーターで昇ることができる塔があり、私は「生誕のファサード」側の塔に上りました。もう一つの門は「受難のファサード」と呼ばれています。

エレベーターは7人乗りですが、操作する人がいるので、一度に6人までが地上65mの世界へ行けます。
f:id:notizbuecher:20190211014333j:image

 

ちょっと新宿のコクーンタワーっぽい建物と、海が見えます。

後で調べたら、アグバールタワー(Torre Agbar)というそうです。

f:id:notizbuecher:20190211015108j:image

 

降りるときは螺旋階段です。

かなり狭いので、閉所恐怖症の人は無理かもしれません。

(エレベーターの前に、高所恐怖症と閉所恐怖症の人は注意するように書かれていました。)
f:id:notizbuecher:20190211014311j:image

 

下っていくと、壁のない螺旋階段になります。カタツムリ!

クラクラしそう。。。
f:id:notizbuecher:20190211014116j:image

 

聖堂内の森といわれるエリア。

柱が木をイメージして作られており、大きな4本の柱には、それぞれ4人のエバンジェリスト(伝道師)のモチーフが付いています。
f:id:notizbuecher:20190211014852j:image

 

生誕のファサード側は青いステンドグラス、受難のファサード側は赤いステンドグラスになっています。
f:id:notizbuecher:20190211014905j:image

 

どこを見ても美しい。
f:id:notizbuecher:20190211003956j:image

 

構造に合わせて、柱には強度の違う石を使っているそう。
f:id:notizbuecher:20190211014844j:image
f:id:notizbuecher:20190211003148j:image

 

扉には、新約聖書の言葉が掛かれています。
f:id:notizbuecher:20190211003142j:image

 

お土産屋さんの傍にトイレがあります。

女性用は2ヶ所あるので、空いている方へどうぞ。
f:id:notizbuecher:20190211015012j:image
f:id:notizbuecher:20190211014104j:image

 

裏側から見た全景。
f:id:notizbuecher:20190211002719j:image

 

1882年から、140年以上かけて、2026年に完成予定だそうです。

完成したら、また見に来たいな。

 

世界遺産の建造物+α

その後は市内にある建造物を見に散策へ。(外観のみ!)

 

ガウディ作品群の一つ、カサ・ミラ

1階部分は店舗、上はマンションになっています。
f:id:notizbuecher:20190211003324j:image

 

こちらもガウディによる、カサ・バトリョ

外観工事中ですが、入場を待つ列ができていました。
f:id:notizbuecher:20190211001811j:image

 

ガウディではないですが、こちらも有名な建築家プッチ・イ・カダファルクによる、カサ・アマトリェール

チョコレート王、アマトリェール氏の邸宅だったそうです。
f:id:notizbuecher:20190211014348j:image

 

夕食はバルセロナらしく?

しばらくホテルで休憩した後、夕食へ。

相方がバルセロナ名物のデザート、カタラーナを食べたいというので、良さそうなお店をGoogle先生に聞いてみました。

サン・ジョゼップ市場近くのレストラン、Mino

f:id:notizbuecher:20190211043602j:image

 

バルセロナのバルやレストランは、京都のように間口が狭くて奥が広いところが多い気がします。

f:id:notizbuecher:20190212225450p:plain


お約束です。
f:id:notizbuecher:20190211043522j:image

 

ハモンセラーノ。

もちろんその場で削りたて。
f:id:notizbuecher:20190211043544j:image

 

パン・コン・トマテ。
f:id:notizbuecher:20190211043532j:image

 

野菜も大事。
f:id:notizbuecher:20190211040629j:image

 

お肉も大事。
f:id:notizbuecher:20190211040635j:image

 

サングリア。

グラスが大きい!
f:id:notizbuecher:20190211043550j:image

 

〆は当然カタラーナ。

カスタードクリームに、苦みの効いたカラメルが大人の味でした。
f:id:notizbuecher:20190211043608j:image

しっかり歩いて、酔っぱらって、2日目もよく眠れました。

3日目は、少し観光して帰国します。