ふじねこ雑記帳 in ドイツ

日々の生活、時々ドイツ語

日本から本を取り寄せる

日本語の本、到着

これまで利用したことがなかったのですが、夫の会社の福利厚生で、日本の本を取り寄せることができます。

もちろん本の代金は払いますが、送料無料で送ってもらえます。

 

今回初めて本を2冊買ってみました。

ドイツに来て、語学学校に行ったり、旅行したりしていると、ヨーロッパの地理や歴史について、自分の知識の無さを感じます。

もちろん、欧州の人が極東の日本について知っているか、というと全然なことが多いのですが。。。

ともかく、せっかく住んでいるので、予備知識があるに越したことはない、と思います。

そして、久々の日本語の本にテンションが上がります!

 

f:id:notizbuecher:20190223012820j:image

 

詳説 世界史研究

高校で歴史の教科書と言えば、山川出版社が有名ですよね?

私見ですが、高校で日本史や世界史を学んだ方は、必ず手に取っているのではないかと思っています。

この世界史研究は、教科書で網羅されていない情報も入っているようで、575ページの大容量。

最初からじっくり読んでいくのはちょっと辛そうなので、まずは身近なヨーロッパ中心に、知りたいことを調べる感じで読んでいこうと思います。

知りたいのは、旅行で行けそうな所の情報ですしね。

 

パラパラ見た感じ、情報量は豊富で、わかりやすく書かれています。

年表はあまり盛り込まれていないので、やはり副読本なのでしょうね。

2500円と、ちょっとお高めですが、個人的には大満足!

 

詳説世界史研究 [ 木村 靖二 ]

価格:2,700円
(2019/2/23 23:17時点)
感想(0件)

 

ペーターのドイツ世界遺産全踏破

ペーター・エンダーラインというドイツ人のおじさまが書いた本。

ハンブルグで日本学を修めた方で、自ら日本語で書かれています。

もう1冊、ドイツの鉄道旅の本も出されているようですが、私は世界遺産に興味があるので、こちらを選びました。

(というか、ドイツの世界遺産巡りを目論んでいて、検索で引っかかったのがこの本ですw)

 

2014年に出版されていて、当時のドイツの世界遺産38か所が、歴史の時系列でまとめられています。

それぞれ数ページですが、歴史や見どころがよくまとめられているので、実際見に行く時にとても役立ちそう。

行き方もちゃんと書かれていますが、当時と交通機関が変わっていることもあるので、その辺は自分で確認しようと思います。

 

ペーターのドイツ世界遺産全踏破 (平凡社新書) [ ペーター・エンダーライン ]

価格:907円
(2019/2/23 23:16時点)
感想(0件)

 

ドイツの世界遺産巡りを計画

と、いうことで、今後はドイツの世界遺産全踏破を目標の一つにします!

現在ドイツの世界遺産は41か所。

他の国と共有している所もありますが、ドイツ国内にある世界遺産、巡ってみたいと思います。

住んでいる特権を駆使しない手はないですよね?

途中で挫折しても構わない、という意気込みで、気楽にのんびり小分けにして、計画していきます!