ふじねこ雑記帳 in ドイツ

日々の生活、時々ドイツ語

飲料容器のPfandを返金する

ドイツの飲料容器

当然ですが、ドイツでも日本と変わらずペットボトルや瓶で、飲み物が売られています。

ただ、購入するときに表示価格にいくらか加算されます。

例えば、0.99€のペットボトル飲料を買うつもりでも、1€コインでは買えません。

ペットボトルには、だいたい0.25€のPfand(デポジット)を払う必要があるので、1.24€で買うことになります。

デポジット(預け金)なので、もちろん返金してもらうことはできるのですが、返金には空になったペットボトルが必要です。

要は、空きペットボトルはお金と同じ、ということですね。

 

Pfandを払う飲み物には、ラベルに印が付いています。

ボトルと缶のシルエットに、クルッと矢印が回り込んでいるのがシンボル。

このボトルには、右側にも、

 0.25€

 Einweg Pfand

と書かれています。

f:id:notizbuecher:20190227160634j:image

 

Einweg Pfandは、「1度使い切りのデポジット」で、0.25€と決まっています。

 

日本のペットボトルには、このようなデポジットのシステムはないので、捨ててしまうことが多いと思います。(もちろんゴミ箱は分別されていますが)

空き瓶も、燃えないゴミの日に出すことが多いかと。

昔は、酒屋さんに瓶を返しに行ったりしていましたが、スーパーなどで買うと、なかなかそういう仕組みはないですよね。

日本の分別ゴミも、リサイクルされていると思いますが、ドイツのPfandシステムも、よく考えて導入されていると感じます。

 

ドイツのすべての飲料がこのシステムを導入しているわけではなく、時々Pfandfreiohne Pfandと書かれた物もあり、これはデポジットがないので、返金もされません。

 

Pfandの返金方法

スーパーに行くと、日本では見慣れない機械の前に、人が並んでいることが良くあります。

大抵の人は、大きな袋にペットボトルや瓶、缶を入れて持ってきていて、機械の穴に1つずつ突っ込んでいきます。

中には、飲んだばかりの空き容器を持っている人もいます。

f:id:notizbuecher:20190209174737j:image

 

この機械、(r.)Leergutautomatと呼ばれ、Pfandを返金してもらうための機械です。

穴の中に入った容器のバーコードを検知して、Pfandを計算し、入れ終わった人が緑のボタンを押すと、レシートのような紙が出てきます。

この紙をレジに持っていくと、現金を返してくれますし、お金と同じ扱いなので、もちろん買い物にも使えます。

 

持っていくのは、その飲料を買ったお店でなくても大丈夫です。

 

このLeergutautomatのないドラッグストアなどでは、レジの人が数を数えて返金してくれるので、数の少ない場合は、ドラッグストアでもいいかもしれません。

(あまり大量に持っていくと、ただでさえ稼働している数の少ないレジが混雑して、ちょっと罪悪感を覚えます。。。)

 

因みに、Leergutautomatはバーコードを読むので、ラベルをはがしてしまうと返金してもらえません。

日本の分別では、ラベルをはがしたり、キャップを取ったりしますが、こちらではその必要はないので、そのまま持って行ってくださいね。

 

Pfandの種類とお金

Pfandシステムは、DPG(Deutsche Pfandsystem GmbH)という会社が管理していて、この会社に登録することで、メーカーはこのシステムに参加することができます。

先ほどのペットボトルにあるシンボルは、この会社のロゴで、この会社で管理されているバーコードには、その容器の情報がいろいろ入っているようです。

消費者側が払ったお金も、ここから各小売業者を通して消費者へ分配する形になっています。

 

また、Pfandにも種類があり、ペットボトルや缶はEinweg Pfandで1回使い切り、0.25€ですが、ガラス容器はMehrweg Pfand(複数回使う)で、0.08~0.5€と幅があります。

瓶など、複数回使えるものはバーコードにより使用回数が管理され、一定数を超えると廃棄、またはリサイクルされるそうです。

 

Pfandシステムについて思うこと

0.25€は、現在約32円ですが、ペットボトルを返すだけでそれが返ってくると思えば、返しに行きますよね?

むしろ、0.25€余計に払っているから、意地でも返してもらいたい!と貧乏性の私は思います(笑)

そういう心理を突いたのか、このシステムはうまく機能しているのではないかと思います。

 

あまりお金持ちでないような人たちが、時々ゴミ箱から飲料容器を探して、換金しているのも見かけますが、それはそれで環境のためにはなっていますし。

(蛇足ですが、ドイツには、そこら中にゴミ箱があるのに、ゴミをゴミ箱に捨てない人がいるのが不思議。)

 

それぞれの国で効果的な方法があると思うので、Pfandシステムを他の国でも導入すべき、とは思いませんが、環境保護意識が高く、倹約好きなドイツらしいシステムだな、と感じます。