ふじねこ雑記帳 in ドイツ

日々の生活、時々ドイツ語

フランクフルトの桜が咲く

フランクフルトの桜

日本はそろそろ桜の季節ですね。

日本気象協会の予報では、来週あたりから開花するとか。

桜と言えば、日本を象徴する花ですが、ドイツにも桜はあります。

多分、ソメイヨシノではないと思いますが、昨日3月13日に開花しているのを発見しました!

 

なんだか花が密集しています。

f:id:notizbuecher:20190314195328j:image


f:id:notizbuecher:20190314195323j:image

 

ここは、フランクフルトのメインストリート、Zeilにある本屋さんの前です。

細い桜の木が8本ぐらい植えられているのですが、ちいさなエリアでも日の当たり方で開花している木と、まだまだ硬い蕾だけの木と、結構差があります。
f:id:notizbuecher:20190314195333j:image

 

残念ながら、フランクフルトにはそんなに多くの桜はないのですが、ベルリンやハノーファーなどでは桜並木があったり、お花見スポットがあります。

 

ドイツ、桜の名所10選 - ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

 

日本のようにお花見スポットに人が集中しないようなので、ゆっくりピクニックできそうですね。

ドイツ生活2年目、今年も日本の桜が見られないので、 ちょっと負け惜しみです。

内心は、桜は日本でしょ、って思う今日この頃。

 

大型書店Hugendubel

こちらが桜のそばの本屋さん、Hugendubel
f:id:notizbuecher:20190314195315j:image

 

 

おそらくフランクフルトで一番大きな書店で、真ん中が吹き抜けになっており、地下にはカフェもあります。

そして、ソファが各階にあるので、座って本を読むこともできます。

英語やフランス語の本も少しありますが、ドイツ語の本がほとんど。

語学学習のコーナーは、ドイツ語だけでなく、スペイン語、アラビア語など、各国言語揃っていて、かなり充実しています。

ちょっとした雑貨や文房具、お土産も売っていて、何かプレゼントを選ぶのにも最適。

amazonなどでぽちっとするのも良いですが、実際に手に取って確認できるのが本屋さんの良いところ。

「はらぺこあおむし」等の絵本のドイツ語版を見るのも楽しいです。

 

まあ、ドイツ語の一般書を読めるほどの力がないので、大体眺めて終わるのですが。。。

ドイツは、私の好きな推理小説がたくさん出版されているので、少しずつ挑戦していこうと思います。

 

語学学校終了

そうそう、語学学校も昨日で終了しました。

最後は夜のコースで、若干ダレ気味でしたが、ほとんど休まず続けることができました!

(夜に何かを勉強するのは向かないこともわかりました。。。)

これで本当に1年2か月に及ぶ語学学校通学は終わりです。

また行くかもしれませんが、とりあえずは休憩。

 

アラフォーで何かを学べるのは、嬉しいことですが、辛くもありw

とはいいつつ、仕事もなく、家でブクブク太りそうなので、何かを始めようとは考えています。

ドイツ語、すぐに忘れそうなので、少しは復習して、しばらく時間に縛られない生活を楽しみます~