ふじねこ雑記帳 in ドイツ

日々の生活、時々ドイツ語

【バルト三国旅行 3】カウナス旧市街、杉原千畝記念館を見学し、ラトビアに移動する

カウナス旧市街

今回泊まったホテルは、バスターミナルとカウナス新市街の中間辺りにありました。

そこから北に向かうと、新市街のシンボル的な独立広場に着きます。

 

f:id:notizbuecher:20190430151232j:image

広場の中心には、大きな教会のような建物があります。

博物館だそうですが、中は見ていません。。。


f:id:notizbuecher:20190430150525j:image

広場にあった、宙に浮くマジックのような銅像。


f:id:notizbuecher:20190430150852j:image

独立広場から旧市街近くまで、ライスヴェス・アレヤ(Laisves al.)という大通りが一直線。


f:id:notizbuecher:20190430150800j:image

この通りにはいろいろなお店があり、昼間は歩いているだけで面白そうです。

この日は朝早かったので、お店はあまり開いていませんでした。。。


f:id:notizbuecher:20190430151300j:image

途中で見つけた銅像。

この国の人は、犬が好きなようですね。

 

1㎞ちょっと歩いたところで地下道があり、そこをくぐると旧市街に入ります。


f:id:notizbuecher:20190430150733j:image

旧市街に入ったすぐの建物。


f:id:notizbuecher:20190430151100j:image

道路が荒い石畳になり、旧市街感が出てきました。


f:id:notizbuecher:20190430150501j:image

レンガ造りの建物が多いです。


f:id:notizbuecher:20190430151206j:image

ちょっとユニークな屋根。

1階はカフェのようです。


f:id:notizbuecher:20190430151012j:image

聖ペテロ&パウロ大聖堂がみえます。

 

 


f:id:notizbuecher:20190430150816j:image

大聖堂の横壁には、有名な詩人で神父のマイロニスのお墓があります。


f:id:notizbuecher:20190430150700j:image

大聖堂の中は、一部工事中でした。


f:id:notizbuecher:20190430150551j:image

フレスコ画が美しい。


f:id:notizbuecher:20190430151055j:image

リトアニアのパイプオルガンは、装飾が豪華な傾向があるようです。


f:id:notizbuecher:20190430151355j:image

外観のレンガ造りとは、異なる雰囲気。

 

大聖堂を出ると、市庁舎広場が見えます。


f:id:notizbuecher:20190430151237j:image


f:id:notizbuecher:20190430151137j:image

左に見えるのは、イエズス教会。


f:id:notizbuecher:20190430150444j:image少し北に行くと、カウナス城がありました。

13世紀にドイツ騎士団の侵入を防ぐために作られたそうです。


f:id:notizbuecher:20190430150423j:image

天気も良く、遠足らしい子供たちもたくさんいました。

 

杉原千畝記念館

次の目的地、杉原千畝記念館には、バスで向かうことにしました。

 
f:id:notizbuecher:20190430150620j:image

旧市街のバス停から10分ぐらいでしょうか?

最寄りのバス停はSPORTO。

ここから10分ほど歩いたところにあるそうです。


f:id:notizbuecher:20190430151031j:image

緑の多い道を歩きます。

いわゆる山の手らしく、大きな綺麗な建物が、余裕をもって建てられています。


f:id:notizbuecher:20190430150453j:image

日本語で示されているのは、ありがたいです。


f:id:notizbuecher:20190430150905j:image

記念館外観。


f:id:notizbuecher:20190430150936j:image

入館料は4€でした。

www.sugiharahouse.com

 

私たちは、時間の関係上見ることができませんでしたが、時間のある人には、15分ほどのビデオを見せてくれるそうです。


f:id:notizbuecher:20190430150545j:image

家族の写真が多く飾ってあり、「ああ、実在の人物だったんだなあ」としみじみ感じます。


f:id:notizbuecher:20190430151044j:image

この景色を、千畝さんが見ていたんですね。


f:id:notizbuecher:20190430151127j:image

当時の領事館の場所。

ナチスの旗が生々しい。。。


f:id:notizbuecher:20190430150856j:image

この机で、寝る間も惜しんでビザを書いていたんですね。


f:id:notizbuecher:20190430151151j:image

 

なんとも言えない気分ですが、良いものを見ることができました。

日本人しか来ないかもしれませんが、保存していて頂きたいです。

 

ラトビアの首都、リーガへ

リーガへの移動はバスです。

ホテルに預けていた荷物を受け取り、バスターミナルに向かいます。

長距離バスは、すべて同じバスターミナルから出るので、間違えることなく安心。

 

カウナス→リーガのバスは、事前にネットで予約しておきました。

Lux Expressが良いらしいのですが、私たちが予約しようとしたときはもう売り切れで、このルートはEurolinesを利用しました。

トイレ付、約4時間の行程で、1人18€。

 

バスに乗る前に、腹ごしらえを。

 
f:id:notizbuecher:20190430150942j:image

バスターミナルの隣に、セルフサービスのレストランがありました。

ここで私はチキンの煮物、相方はシュニッツェルをメインにサラダ、コーヒーを頂き、を食べて、計12€程。

激安!


f:id:notizbuecher:20190430150711j:image

これが今回乗ったバス。

2列2列で、ヨーロッパ仕様のためか、席はゆったりしていました。

 

途中国境で止められ、パスポートチェックがありました。

どうやら抜き打ちでチェックされるようです。

パスポートをスーツケースに入れていなくてよかった!

 

20分の休憩を1回挟んで、いよいよリーガです。


f:id:notizbuecher:20190430150559j:image


f:id:notizbuecher:20190430151122j:image

この辺では、日本車も頑張っています。


f:id:notizbuecher:20190430150626j:image

今回お世話になったのは、Avalon Hotel & Conferences

駅、バスターミナルにも近く、改装された綺麗なホテルでした。


f:id:notizbuecher:20190430150431j:image

バスローブ付き!

バルト三国のホテルは、これまで泊まったヨーロッパのホテルと違い、歯磨きセットがあります。

日本のホテルでは当たり前にあるものですが、ここで置いてあるのはうれしいです。

 

リーガの夕食

バスではほとんど寝ていたので、すっきりした気分で夕食タイム。

Google mapで見つけた、地元で人気らしいパブへ。

 

www.folkklubs.lv


フォーククラブ、というだけあって、月曜以外はライブもやっているようです。

私たちが行ったのは月曜で、ライブは無かったのですが、それでもテーブルにつけてラッキー!というぐらい混んでいました。


f:id:notizbuecher:20190430150741j:image

f:id:notizbuecher:20190430150605j:image

お店は地下にあり、縦に長く伸びています。


f:id:notizbuecher:20190430151111j:image

ラトビアも、ワインをたくさん作っているようです。


f:id:notizbuecher:20190430150728j:image

私はラトビアのスパークリングワインを。


f:id:notizbuecher:20190430150927j:image

チーズのサラダを前菜に。

このチーズドレッシングが、ブルーチーズが効いていて美味でした!


f:id:notizbuecher:20190430150512j:image

相方のビール。


f:id:notizbuecher:20190430150920j:image

ピンぼけしてしまいましたが、牛ホホ肉の煮込み。


f:id:notizbuecher:20190430150457j:image

Heilbut(オヒョウ)のグリル。

 

相方は、もう一杯ビールを飲み、31€ぐらいでした。

やはりドイツよりは格段に安い!


f:id:notizbuecher:20190430150825j:image

ここは、今回の旅行でもかなり気に入ったレストランです。


f:id:notizbuecher:20190430151039j:image

帰りに見つけたアベンジャーズの看板。

Aで始まっていて、ちょっと本来のタイトルに近いかも。

 

4日目は、世界遺産のリーガ旧市街の探索と、最終目的地、エストニアへの移動です。