ふじねこ雑記帳 in ドイツ

日々の生活、時々ドイツ語

自宅でエスプレッソを堪能する

Nespresso、購入

一か月ほど前になりますが、我が家に新たな文明の利器が加わりました。

 

f:id:notizbuecher:20190529045738j:image

じゃーん。

ネスプレッソ、ついに購入してしまいました。

様々なマシンが出ていますが、唯一アメリカーノ(150mlのアメリカン)を作ることができるタイプ、Expert&Milk

日本にいるときから、あのカプセルが売られている、高級感あふれるお店が気になっていたのですが、フランクフルトにもNespresso Boutiqueとして存在しています。

 

これまでは、エスプレッソマシンがありながら、入れ方や洗い方が面倒で、インスタントばかり飲んでいて、こういうマシンも高くつくんじゃないの?と思っていたのですが。

相方がスターバックスが好きで、休日のランチの後にいつも買いに行くことを考えると、もっとコストに見合ったコーヒーが飲めるんじゃないかと調べてみました。

 

マシンの価格は、初期費用としてある程度は覚悟していましたが、問題はランニングコスト。

本体を買う前に、コーヒーそのものの価格が気になります。

これは、日本では発売されていないようなのですが、ネスプレッソコンパチ(ネスプレッソマシン対応)のカプセルが、ドイツではたくさん売られていることがわかりました。

Nespresso Boutiqueなどで購入できる、純正カプセルは1個0.38€からなのですが、Reweなどで売られているプライベートブランドja!や、ドラッグストアのRossmannのブランドだと10カプセル入りで1.79€からありました。

コーヒーのブランド、DallmayrJacobsも出していて、10カプセルで2.99€。

これらは、セールでもっと安い時もあります。

種類も、純正には及びませんが、弱いものから強いもの、デカフェまであります。

 

f:id:notizbuecher:20190626234545j:image

現在うちにあるカプセル。

エスプレッソ向けで、強さが10段階で書かれています。(写真には写っていませんが、上がレベル10で一番強く、下がレベル8で若干弱め)

 

f:id:notizbuecher:20190626234517j:image

最近は、お茶のカプセルも見つけました。

フランクフルト発のお茶屋さん、Ronnefeldtの紅茶。

 

1杯20円~50円程度で飲め、カプチーノも自分の好きなミルクで作ることができるので、これはお得。

スターバックスは、ドリップコーヒーのトールが2€ぐらいなので、約10倍。

カプチーノなんかは、もっと値が張りますしね。

 

と、いうことで、購入することに決定!

 

私の希望としては、「カプチーノのフォームミルクが出来ること」、相方は、「エスプレッソだけじゃなく、もっと量の多いコーヒーが飲めること」だったので、現在発売されているマシンの中ではExpert&Milk一択。

ネスプレッソのHPでは329€でしたが、eBayで調べると221€の新品がありました!

さらに5€のクーポンが使えたので、216€。

スタバのコーヒー100杯分ですが、コーヒー好きな我が家なので、すぐに元は取れそうです。

 

日本と違って、ネットで購入するときは、間違ってポチっとしないかドキドキしますが、ちゃんと予定通りにDHLが配送してくれました。

因みに、ドイツでのDHLの配送はあまり評判が良くなく、いつ届くかもよくわからないので、一日中家にいなければならなかったりするのですが、私はDHLに登録して、アプリでだいたいの到着予定がわかるようにしています。

と、いっても時間はあいまいなので、在宅できないときは近くの営業店舗(Deutscht Postやキオスク)で受け取ることがあります。

まあ、うちに配送に来てくれる担当の人は、DHLでは真面目なようで、不在票もきちんと入れてくれるので、助かっています。

中には不在票を入れなかったり、ポストに無理やり荷物を押し込んで、中身が壊れてたりすることもあるようです。

日本の配送業者のサービスは、本当に素晴らしい。

 

Nespresso、起動

さっそく中を開けてみます。

中身は、発泡スチロールに頑丈に守られていました。 


f:id:notizbuecher:20190529045807j:image

お試し版のカプセル、14種類全部違うものが入っていました。


f:id:notizbuecher:20190529045727j:image

なんだかリッチな気分です。


f:id:notizbuecher:20190529045734j:image

一通り洗って、セッティングします。

右側手前がフォームミルク用のマシン、エアロチーノ。


f:id:notizbuecher:20190529045731j:image

カプチーノを飲みたかったので、まずはフォームミルクを作ります。

私は牛乳よりも豆乳派。


f:id:notizbuecher:20190529045811j:image

泡立ち感が半端ないです。

これはホットで作りましたが、ボタンの長押しでアイスのフォームミルクもできます。


f:id:notizbuecher:20190529045801j:image

フォームミルクを満たしたマグカップに、エスプレッソを抽出!

って、どう見ても泡立ち過ぎで、ラテアートなんかは無理ですね。。。

とはいえ、この泡立ちが私は大好きで、しょっちゅうカプチーノ(もどき)を作って飲んでいます。

最近は、フランクフルトも猛暑なので、アイスカプチーノ(もどき)も美味しくいただいております。

 

相方の希望だったアメリカーノは、25mlの濃いエスプレッソに125mlのお湯を入れる形になっているので、弱めのカプセルだと、本当にお湯に近くなってしまいました。

その辺は、ちょっと失敗だったかも。

あ、お湯だけを200ml出すこともできるので、短時間で少しお湯が欲しい時は、この機能が重宝します。

 

カプセルはいろいろ売られているので、いろいろ試して、自分好みのものが見つけられるといいなあ。

あとは、これにぴったりの大きさのカップが欲しい!

 

それにしても、日本では純正以外のカプセルは発売できないんでしょうかね?