ふじねこ雑記帳 in ドイツ

日々の生活、時々ドイツ語

【ドイツ世界遺産】ケルン大聖堂を思い出す

ドイツで最も有名な大聖堂

ケルン大聖堂といえば、恐らくドイツで最も有名な大聖堂といっても過言ではないと思います。

ドイツ旅行をするほとんどの人が行くのではないでしょうか?

と、いうことで、その情報は至る所にあると思うので、ここではあまり触れないことにします。

ただ、現在の大聖堂は3代目で、初代は4世紀に正方形の形をしたものだったそうで、2代目は818年から1218年まで建っていましたが焼失、現在の物は16世紀から19世紀にかけて建造された物だそうです。

(財政難で中断していたらしく)

第二次世界大戦で内部が破壊されましたが、戦後修復されて現在に至ります。

 

2年前の訪問

私が初めてケルン大聖堂を見たのは、2年前。

駐在が決まって、相方が先にフランクフルトに行った後、家の本格的な立ち上げのために私がドイツに行ったときに、2人で観光しました。

 

先日、他の場所の観光途中にあったので、2度目の訪問、外観だけ見てきたので、2年前の記憶をたどりながら、少し振り返ってみます。

 

ケルン大聖堂のHPはこちら。

www.koelner-dom.de

 

ケルン中央駅を出てすぐ、見上げる大きさの大聖堂があるので、絶対に見逃すことはないです。


f:id:notizbuecher:20190924020257j:image

これは2年前の写真。

脇にある階段に、人がたくさん座ってしゃべったり何か食べたりしている風景は、今も変わらず。


f:id:notizbuecher:20190924020820j:image

2年前は、中に入りました。


f:id:notizbuecher:20190924020526j:image

このステンドグラスや、


f:id:notizbuecher:20190924020435j:image

天井の高さに感動しました。

当時は、まだドイツの教会を見慣れていなかったのもあり、大きさに圧倒されたのを覚えています。

 


f:id:notizbuecher:20190924020917j:image

f:id:notizbuecher:20190924021048j:image

パイプオルガンも、大聖堂に見合う大きさでした。

 

タワーには、5€で登ることができます。

もちろん階段。

507段あって、狭い所を登るのはなかなかきついですが、一度は登ってみるべきかと。


f:id:notizbuecher:20190924020600j:image

途中にある巨大な鐘。


f:id:notizbuecher:20190924021101j:image

複雑に作られたタワーの装飾が良くわかります。


f:id:notizbuecher:20190924020951j:image

そしてライン川の眺め。


f:id:notizbuecher:20190924020304j:image

この日は天気が良かったんだなあ、なんてことを思い出しました。

f:id:notizbuecher:20190924021202j:image

夜はこんな感じでライトアップされていました。


f:id:notizbuecher:20190924021528j:image

ライン川にかかるHochenZollern橋。

愛を誓う南京錠がびっくりするぐらいびっちり掛かっています。


f:id:notizbuecher:20190924021453j:image

この景色は忘れられません。


f:id:notizbuecher:20190924021547j:image

大聖堂近くには、ローマ・ゲルマン博物館や、絵画を展示しているルードヴィヒ美術館もあります。

ケルン・チョコレート博物館


f:id:notizbuecher:20190924021159j:image

そうそう、2年前はチョコレート博物館にも行きました。

 

大聖堂から川沿いに歩いて15分程の所に、リンツのチョコレート博物館があるので、チョコレート好きの私としては、見逃すわけにはいきません。

https://www.schokoladenmuseum.de/en/

 

今見ると、平日で12.5€、週末は13.5€と、結構なお値段ですが、チョコレートの製造過程や歴史を見たり、試食もできるので、面白いと思います。


f:id:notizbuecher:20190924021254j:image

クリスマス用のチョコレート。


f:id:notizbuecher:20190924021336j:image

なんか大量にもったいないことになってます。。。


f:id:notizbuecher:20190924020541j:image

オートメーション化した製造過程の先で、1人1つずつ、小粒のチョコレートが貰えるので、みんな行列を作って並んでいます。

何回も並ぶ人もいます(笑)


f:id:notizbuecher:20190924020501j:image

カカオの木を模したオブジェの下には、液体状のチョコレートが。


f:id:notizbuecher:20190924020850j:image

上から見るとこんな感じ。

このお姉さんが持っているのがウエハースで、チョコレートに浸したものを試食させてくれます。


f:id:notizbuecher:20190924021606j:image

昔のチョコレート売り場を再現したところにいたマスコット。


f:id:notizbuecher:20190924020921j:image
f:id:notizbuecher:20190924020517j:image
ちょっと薬屋さんぽくも見えます。

 

いやあ、この旅行も楽しかったなあ。

 

2019年秋

そして今年。

 


f:id:notizbuecher:20190924021232j:image

今回泊まったケルンのホテルは、奮発してハイアットだったのですが、ジムにはサイン入りのサッカーボールとハンドボールが飾ってありました。

ドイツ代表チームや、フランクフルトの物もあったので、長谷部のサインもどこかに描かれているはず。(わからなかったけど。)


f:id:notizbuecher:20190924021134j:image

今回は、ちょっと天気が良くなかったですが、相変わらずの景色。


f:id:notizbuecher:20190924020841j:image

2年前より南京錠が減ってる気がするのは気のせいかな?


f:id:notizbuecher:20190924021325j:image

2年前より工事の範囲が広がっているような。。。

 

今回は、ケルンのビールを飲み歩いてみました。

麦の入ったものを食べると、肌が痒くなる傾向があるので、基本的にグルテンフリー生活を心がけているのですが、この時はビール解禁してしまいました。

 

まずはGaffel am Dom。

大聖堂の目の前にある、古い建物、Deichmannhausにある醸造所レストラン。

www.gaffelamdom.de

 

f:id:notizbuecher:20190924020548j:image


f:id:notizbuecher:20190924021206j:image


f:id:notizbuecher:20190924020452j:image

季節限定のホップの香りが強いビール。


f:id:notizbuecher:20190924020318j:image

珍しくアイスバインが置いてありました。

これ、ベルリン名物らしいので、フランクフルトではあまり見かけません。


f:id:notizbuecher:20190924021428j:image

こっちが生ビール。

どこの店にも、0.2lの小さなサイズが1.8€か1.9€で置いてあるので、ちょこちょこ飲みには最適。


f:id:notizbuecher:20190924020353j:image

1200人収容できる、大きなレストランでした。

f:id:notizbuecher:20190924020616j:image

夕食後の景色。絶景。

 


次の日のランチでは、こちらFrüh am Domへ。

www.frueh-am-dom.de


f:id:notizbuecher:20190924020834j:image

テラス席が広い、少し大人の雰囲気のお店でした。



f:id:notizbuecher:20190924021538j:image

ここでも小さい生ビールを。

日本のメーカーのラガーに似てる気がします。

 

そして3軒目、Sünner am Walfisch。

大聖堂から400mぐらい離れている路地にあります。

ここがケルン最古の醸造所らしいです。

walfisch.de


f:id:notizbuecher:20190924020935j:image


f:id:notizbuecher:20190924021553j:image

 

苦みの強いビール。


f:id:notizbuecher:20190924020753j:image

前の2軒に比べると、こぢんまりしたお店です。

あまり知られていないのか、ランチタイムも空いていました。

 

ケルンでは、小さいサイズのビールを何度も注文して飲むのが定番のようです。

入れたてを味わえるので、嬉しい文化かもしれません。

 

ケルンには2回来てしまったので、今後は誰かといっしょに観光に来る以外では来ないかもしれませんが、にぎやかでビールが美味しくて、ステキな街だと思います。